世田谷・目黒・杉並のエクステリア・ガーデン工事は世田谷エクステリアルームにお任せ下さい。

タグリスト
商品店長藤倉です営業佐藤です設計遠藤です店長代理長友です施工事例設計藤倉です設計奥間です設計上林です植物設計小林です店長代理長友です施工事例
過去記事を見る
≪前のページへ || 1 | 2 | 3 | ... | 12 | 13 | 14 || 次のページへ≫
こんばんは。 アナログ・ヒゲおやじ・佐藤 です。

今日も暑かったですね。
運転にも、サングラスが欠かせない季節になりました。
でも私、サングラスを掛けるとなぜか
両手を前にだして 『来てます』 になってしまうのです。
そう 超魔術師の「Mr・マ○ック」のようにです。

さて、今回は滑りやすい磁器タイル貼りの玄関ポーチを
安全な滑らないポーチに変えてみせましょう。
もちろん使うのは 「ハンドパワー」 です!!



ノンスリップテープ1


いきなり種明かしですが
使うのは四国化成のノンスリップテープ。
タイル仕様です。


階段の先端等に使うテープ仕様もあります。
DSC07841


この様な箱に入っています。
DSC07959


この様に100角タイルの様な形になってます。

角を丸くしてあるのは、
めくれにくくするためです。
DSC07961


表面を拡大してみるとこのように
粗い紙やすりの様になっています。

これなら滑る訳がありません!
DSC07963


裏面には強力なテープが付いていて
床のタイルにしっかりと貼れます。
DSC07839

現場ではこの様にゴムハンマーを使って
叩きながら貼っていきます。

まさにハンドパワーでしょ!
(えっ ハンマーパワーだろう って??)
DSC07949

貼りあがるとこの様になります。
タイル貼りそのままに
強力に滑らなくなります。

雨の日の磁器タイルのポーチは
結構滑るのですよね。
特にスポンジ系のサンダルは危険です。
(過去に痛い目に遭っているヒゲおやじ…)
DSC07947



歩行する部分にだけ貼ることもできます。

デザイン的にも美しかったりしますね。



これから梅雨・夕立・台風と雨が多くなる季節。
玄関ポーチを安全にリフォーム いかがですか?

ご家族にお年寄りやお子様のいるご家庭は
ぜひ! ご検討ください。
投稿者:ser
こんばんは。アナログ・ヒゲおやじ・佐藤です。
暑いですね。 東京も真夏日を記録して、館林は猛暑日とか…
車内はすでに地獄の暑さになっていて、ハンドルを握る手が
火傷を負いそうです。

この季節、1年で一番紫外線が強い季節でもあります。
日焼けにはご注意あれ

さて暑い中、私の現場では芝生の張替えをいたしました。



DSC07712
施主様のマメなお手入れにも関わらず
枯れてしまった部分や
雑草が蔓延ってしまった部分がありました。
DSC07730

雑草の種子は、
風で飛んでくるもの、
鳥や猫など動物が運ぶものだけでなく
目土の中にも入っていることが多く
強靭でなかなか厄介なものです。
DSC07715

シバは端からスコップで切りながら
小さく剥がしていきます。
DSC07716

敷石の隙間に入ったシバも
丁寧に刈り取ります。
DSC07728
半分ほど終わったところです。

全て剥がしたら、整地をしたあと
土のなかにある雑草の種子を殺すため
除草剤を散布します。
ヒメコウライシバ


ヒメコウライシバの束。
これを新たに貼り目土を掛けます。
水はけと踏圧に耐える様に
今回は砂を撒いています。
DSC07769

貼り替え完成です。

施主様には朝夕の灌水をお願いいたしました。
今年の夏も暑さが厳しい様です。
枯れる部分も一部は出てしまうことも
ありそうです。

時々、点検に伺い貼替えさせていただきます。
投稿者:ser
こんばんは。 アナログ・ヒゲおやじ・佐藤 です。

初夏のいい季節がやってきましたね。
サイクリングやキャンプ、フィッシングetc とアウトドアに
最適な季節ですね。
でも、ヒノキの花粉にもアレルギーのある私は…

さて私事は置いといて
今回は機能門柱の照明を単独で点灯・消灯するスイッチを付けます。



ステイウッド


数年前に施工した機能門柱
LIXILのステイウッドですが
室内にスイッチが無く自動点滅器で
作動させていました。

室内でなくても良いので
ON/OFFされたい とのことで
今回の改良工事です。
防水スイッチ


取り付けるスイッチはこちら

防水スイッチィー(ドラエモンの声で)
DSC07632


スイッチはポストの裏側になる場所の
柱に付けます。


まずは配線を取り出す穴を開けます。

ポストの上に置いてあるのが
防水スイッチです。
DSC07634
穴から配線を取り出し
スイッチの台座部分を柱にビス留めします。

柱は丸いので水が廻らない様に
シリコンコーキングを施します。

コーキングは上面と両側面のみとし
下面にはしません。
もし水が廻ってもすぐに抜ける様に
するためです。
DSC07637


結線して組み立てて完成です。

コーキングは、乾いて硬化してから
丁寧に拭き取ります。
DSC07638

スイッチは、自動点滅器より電源側に
取り付けることが肝心です。

スイッチONで
暗くなると自動点灯・明るくなると消灯、
点灯時にOFFで任意に消灯。

スイッチOFFで
常時消灯、
暗いときにONで任意に点灯できます。

一晩中点灯したくない時に便利です。


       電気の工事には、電気工事士の資格が必要です。
       資格を持った職人が常駐する弊社に
       どうぞ ご相談・ご用命ください。


投稿者:ser
     こんばんは。 アナログ・ヒゲおやじ・佐藤 です。
     巷では9連休との話もあるGWも終わり今日からまた仕事です。
     もっとも ヒゲおやじは6日7日は仕事でしたので
     連休ボケもないのですけどね…

  さて ヒゲおやじ・S家では 毎年GWには『家族総出でデッキの再塗装』という
  一大イベントが恒例となっております。



DSC07583

塗装前のデッキの状態。
このデッキは二代目で14年が経過しました。
ハードウッドではなく、一般的な2×4材のグリーン材です。
毎年樹木保護剤を塗布していますが、
一部は木が痩せて抜けそうになっています。
DSC07581
使用した塗布剤です。
アサヒペンの製品。

DSC07582
液はサラッとしたオイルステンです。

床30m2 手摺・柱・屋根等20m2
約50m2がこの1缶で塗れます。
DSC07584
手摺の縦子の小口には、念入りに
十分に染み込ませます
DSC07587
手摺の笠置部分は特にたっぷりと
液剤を流すくらいのつもりで
DSC07588
今でいえばガーデンルームですが
TOEXのエクシオール初代パーゴラタイプ
24年使い続けています。
大半が木製なのでこれも塗装します。

DSC07589
塗り終わればこんな感じに
屋根の下になるデッキは24年間
張り替えていません。
DSC07590

     塗り終わった後は、これまた恒例のベラバ(ベランダバーベQ)です。
     これがあるから、毎年家族総出で頑張れるのですな。
     一日汗かいて苦労して塗って乾杯して片付けて、恒例行事は終了です。
      (LIXIL 樹ら楽ステージ にすれば恒例行事は乾杯からです)
              

           そして翌日は、筋肉痛… これも毎年恒例…


投稿者:ser
        こんばんは。 アナログ・ヒゲおやじ・佐藤 です。
        今日から5月。爽やかな初夏の季節の始まりですね。
        …と午後には激しい雷雨!!!
        春から夏への季節の変わり目でもあるのですね。


DSC07561


5月の花 といえばツツジでしょうか?
今を盛りに咲き誇っています。
街路樹下のオオムラサキツツジの周りでは
甘い蜜の匂いもしています。

ツツジ 漢字で書けますか?
きっと超難問!  (答えはブログのラストで)

さて今回は 『世田谷の港』 のその後を見てみましょう。
築港から約2年と6か月が経過しました。
(2014年11月頃のブログをご参照ください)
DSC04734
築港当時
(2014年11月)
DSC07525
現在


前面のオリーブも大きく育ち、窓から覗くアベリアホープレイズも
見事に張り出してきました。
予定通りに生長してくれています。
DSC04699
築港当時
(2014年11月)
DSC07534
現在

枕木とロープの柵周りも港湾整備員(N様)のお手入れで
緑が茂り、柵にも経年変化による「味」がでてきました。
DSC04733
築港当時
(2014年11月)

DSC07533
現在
DSC07535

築港当時は白かった麻ロープも黒ずんで、枕木と同化してきました。
あえて耐久性のあるコンクリート枕木を使わず、栗の木の
鉄道枕木を使った価値がここに表れています。
真鍮製の船舶用ライトもマッチしています。



DSC07541

もちろん、N様手作りのステンドグラス照明も健在です。


この様に庭…もとい港も作った当時と今とでは変化してきます。

庭も酒もカレーも人間も 時間の経過とともに熟成されるということでしょうか。

今回はそんな一例をご覧いただきました。
投稿者:ser
こんばんは。 アナログ・ヒゲおやじ・佐藤 です。
暑い日(すでに暖かいを通り越しています)が続きますが
朝晩は涼しく寒暖の差が結構ありますね。
一日の仕事をやっと終えて帰宅しようと外へ出ると(深夜が多い)
思いがけなく寒かったりします。


DSC07345

しかし公園のパーゴラには藤の花が
既に咲いています。
5月の花が一気に咲いて来ている気がします。

(ハナミズキも今年は早いですぞ)


さて、前回は駐輪スペースを作りましたが、今回は駐輪スペースにサイクルラックを設置した
松原のA様邸をご紹介します。



DSC07300

自転車3台をこの様に置いていましたが、
強い風が吹くと倒れてしまうことがありました。
また、オープンな駐輪スペースなため
盗難も心配なところです。 

そこで…

サイクルラックS3





四国化成のサイクルラックS3型です。
高いタイプと低いタイプがあります。

どちらもステンレス製でアンカーボルトで
土間に固定します。
(低いタイプは壁付けも可)


では施工順をおって説明いたします。
DSC07286


まずは、最終的な配置を考えて
仮置きをしてみます。

ここで角度等を色々検討してみることが
大事です。
DSC07288

取付位置が決まったらマーキングをして
ドリルで土間に穴を開けます。

M8-50のアンカーを使いますので
8.4mmのキリで穴を開けます。
DSC07289


M8-50のアンカーを差し込んで
DSC07296


手ハンマー(赤い方)と玄能を使って
打ち込みます。

その後、六角ナットを締め込みます。
DSC07300


♪♪完成です。♪♪

道具さえあれば日曜大工でもできる簡単な工事です。
でも このサイクルラックを取り付けるだけ強風でも
自転車は転倒しなくなりますし、前輪とラックを
チェーンロックで繋げば盗難も防げます。

ぜひご一考ください。
投稿者:ser
こんばんは。 アナログ・ヒゲおやじ・佐藤 です。
ここ数日、暖かい…いや暑い日が続きましたが、お元気ですか?
外回りをしていると、駐車中に車内はかなり暑くなっており
クーラーを入れるような状態です。




DSC07145


左は先週に紹介した
環八の中央分離帯の様子です。
土筆は無くなりスギナの間から
たくさんのポピーが咲いています。
春はどんどん流れていますね。


今週は、玄関先の植栽部を駐輪場にし、
駐車場の砂利敷きを土間に改良した現場をご紹介いたしましょう。


DSC06166


住宅地でよく見る光景です。
奥様の電動自転車がご自宅前の道路に
置かれている現状でした。

そこで植え込みの一部を駐輪場として
リニューアルします。
DSC07070


同時に車庫の砂利敷き部分も
コンクリート打ちとして歩き易くします。


まずは砂利の撤去。
DSC07072

既存の土間を養生して、
駐輪場にする部分の植栽を撤去します。
IMG_0162

コンクリートと下地砕石の厚み分を掘削して
砕石下地を作ったらメッシュ筋を敷きます。

この時大切なことは スペーサーブロックを使ってメッシュ筋を浮かすことです。

メッシュ筋はコンクリート厚の中央部にあって
その効果を発揮するものなのです。
IMG_0163


そして生コンの打設です。
DSC07142

既存の土間との継ぎ目は面取りを施します。

見た目の美しさと同時に
接合部のひび割れを防ぎます。
DSC07280

完成です。 
実働施工日は2日間です。
(コンクリートの養生日数は含みません)
駐輪スペースが玄関の脇に完成。

今日は車が出ているので、自転車は車庫内に…
投稿者:ser
こんばんは。 アナログ・ヒゲおやじ・佐藤 です。

今年は 寒の戻り のおかげでソメイヨシノの時期が長く
久しぶりに入学式にソメイヨシノが咲いていました。
(東京ではここ数年は温暖化のせいか、入学式に咲く桜は大島桜でした)
ソメイヨシノが満開になってからも花期が長いですね。
例年よりお花見が長く楽しめている気がします。

いい季節なのに、ヒゲおやじは体調不良でヘバッています。



そういうわけで、今回は仕事を離れて長閑な春を楽しみます。


DSC01709


春の霞空と満開のソメイヨシノ
DSC00653


夜も暖かいので 夜桜見物も今年は満喫できました。

今夜は朧月夜。
DSC06904


ツクシを見つけました。
漢字で書くと 土筆 。

まさに 土から筆が立っている様です。

この場所 実は…
DSC06905


環八の中央分離帯の植え込みなのです。

環境も良くなってきたのでしょうかね。
何か嬉しく感じました。
DSC01779
街中では ソメイヨシノと同時に

ドウダンツツジ
DSC01796

オオシマザクラ(葉を塩漬けにして桜餅に使います)
DSC01996


トキワマンサク までが咲きはじめました。

ソメイヨシノが遅かった分街中は
春の花木の大合唱になっています。
投稿者:ser
こんばんは。 アナログ・ヒゲおやじ・佐藤 です。
今年は、寒の戻りが厳しく、桜が一向に満開になりませんね。
(東京は昨日満開宣言が出ましたが…)
公園や桜並木でも個体差が激しく、五分咲きの木もあれば、まだ花の咲かない木もあります。
それでも今週は暖かい日が続くらしいので一気に満開になりそうですね。



DSC00624

今回は夜も素敵なファサードを演出した物件をご紹介いたします。
この季節は街路の桜も綺麗なのです。


DSC00614

昼間のT様邸ですが、シンプルな建物の外観と
プラスGの直線的なラインがマッチしています

無機質な感じがいいですね。
DSC00601


それが 夜になると一変。
DSC00594


照明が効いていて、エレガントさが漂います。
プラスGの梁からのダウンライトが躯体を
植え込み内の照明が樹木を照らし
雰囲気を盛り上げます。
DSC00600


この季節ならではの
ソメイヨシノのライトアップで
雰囲気は最高潮に

毎晩お花見気分ですね。


無機質なプラスGと落葉広葉樹のやさしさが
うまくお互いをひきたてています。
DSC00609


桜越しショットの 昼間。
DSC00593


そして 夜。




今回は余計な説明はいりませんね。
T様 毎年この風景をご満喫ください。

うらやましいなぁ。
投稿者:ser
        こんばんは。 アナログ・ヒゲおやじ・佐藤 です。
        一気に膨らんだ桜の蕾ですが、昨日今日の『寒の戻り』で
        固く閉じてしまった様です。



DSC06898


明日からまた暖かくなる様なので、今週末には
一気に満開でしょうね。

今回は世田谷のM様のオープン外構をご紹介。

DSC06007


駐車場とアプローチを兼ねた作りで
建物下がビルトイン・ガレージに
なっています。
DSC06014

駐車場はコンクリート一発刷毛引き仕上げですが
アプローチは二色の石物タイルを貼って
シンプルに玄関タイルへと繋いでいます。

道路までの勾配が、逆勾配になってしまう為
U字溝にグレーチングを掛けて排水溝を作っています。
DSC06009

門袖壁は建物と同じ吹付をして
一体感を出しながら
縦のアクセントタイルラインでポイントを
付けています。

花壇は床と同系色のピンコロ石で
調和を図っています。

花壇内のコルディリネ・レインボーの
赤い葉が無機質な壁に
彩りを添えます。

DSC06011


玄関脇には、ペット用のシャワーが
付いています。
洗い場は床面と同じ高さにして
広く見せる様にしています。

これからの季節、ペットと一緒に桜を見ながら
散歩出来るなんて いいですね。
投稿者:ser
こんばんは。 アナログ・ヒゲおやじ・佐藤 です。
暖かい日が続き桜の蕾も一気に膨らんできました。
来週には間違いなく開花しそうです。



DSC06814


重度の花粉症の私には、毎日が涙と鼻水との戦いですが
皆様はいかがお過ごしですか?

DSC06837

今回は、先日完成した世田谷区のS様邸を
ご紹介します。

全面は歩道のある広い通りに面していて
オープンな車庫と側面から入るアプローチになっています。
DSC06827

アプローチの正面に作られた袖壁は
表札・ポスト・インターホンの機能を果たすだけでなく
歩道からの視線を遮りアプローチに変化を
もたらしています。

仕上げは吹付と石張りでその面積比が
絶妙なバランスでとられています。
DSC06836
DSC06826

   アプローチは、ピンコロ石と自然石の組み合わせですが
   歩道と45度の角度をもってピンコロのラインが走り
   玄関アプローチへと導いています。
   色味もグレーを基本としたことで落ち着きと重厚感をだしています。



DSC06831


袖壁の裏手には足洗い場を同じピンコロで作り
水道のコン柱もシンプルなものにしています。
DSC05560

夜のライトアップでの演出も考慮しました。
スポットライトで列柱とバックの落葉樹(ヒメシャラ株立)
を照らしグランドライトで壁面の石張りを照らしています。

表札はステンレスの切り文字でLEDのバックライトにより
高級感のある姿になっています。
設計は遠藤が行いました。

S様これからもよろしくお願いいたします。
投稿者:ser
こんばんは。アナログ・ヒゲおやじ・佐藤です。

今降っている雨は暖かい雨ですが、明日は寒気が北から降りてきて
東京でも雪に成るかも知れないとか…
年度末のこの時期の雪は、われわれ外構屋泣かせです。

さて今回は 街路樹の伐採です。


DSC06547

ビル前の歩道を切り下げて、車路を作るための
前作業で街路樹を撤去します。


伐採前の街路樹
樹木はモミジバフウで高さ約6mです。
DSC06546


街路樹は、通し番号がふられて
役所で管理されています。

伐採するときは、番号を確認して
間違いのないようにし
伐採した樹木の管理プレートを役所に
提出します。
DSC06544

太い枝や幹を切断するにはチェーンソーを使用します。
樹に登って作業をするため、機械にもロープを付け
万が一にも落下させない様にします。

地上では車や自転車・人が通行していますので
細心の注意が必要です。
DSC06586



車道と歩道には誘導員を配置して
通行の車両・歩行者に注意をはらいます。
DSC06596

熟練した職人が安全を確認しながら
樹木に登ります。
不測の事態に備え安全帯で樹木に
身体を保持します。
ヘルメットも必須です。
DSC06606


クレーンで幹の上部を支えます。
このあと幹を切断しますが、
その際に上部の幹が地上に落下しないように
するためです。
DSC06608


チェーンソーで切断します。
地上では微妙にクレーンのワイヤーを調整して
幹に適度なテンションをかけています。

また誘導員は大きな声で
地上の歩行者の有無を職人に伝えます。
DSC06613


切断の瞬間です。
幹が回転して電線に触れない様に
注意しています。
DSC06622

切断した枝・幹を積み込みます。

車の往来があるので、通行の途切れた瞬間に
積み込みます。
釣り荷のバランスも重要です。

バランスが悪いと不測の回転がおき
危険な時があります。
DSC06625


      掃除をして作業完了です。
      街路樹の撤去作業は時間との勝負でもあります。
      交通の激しいところでは、作業クレーンの駐車時間が長くなると
      渋滞を引き起こし、それによって間接的に事故を誘発すことにも
      なりかねません。

      安全第一にかつ迅速に が問われる作業です。


投稿者:ser
こんばんは。アナログ・ヒゲおやじ・佐藤です。
3月になってちょっと寒い日が続きました、『寒の戻り』 というヤツですね。 
花粉症の方は、つらい季節の本番となってきましたね。
私も、花粉症歴40年の筋金入りですが(笑)、しばらくはつらい季節です。




DSC06160

街中を車で移動中に、気になる街路樹を発見。
近寄ってみると  ウウン?!
ポップコーンが付いている?
いや、ポップコーンが実っている?


収穫したら、きっとこんな →

…なわけないよな
ポップコーン
DSC06158

よくよく観察すると 

どうやら実が落ちずに残っているらしい


どうやら元の実は
このような形の実のようです。

それが開いて、陽にあたって
白くみえた様でした。
ユリノキの実
DSC06159


街路樹はユリノキでした。

ルームの近くにも並木がありますが
この様に見えたことはなかったですね。

ちょうど おやつ時だったので、
ポップコーンの様に見えたのでしょうか?

ユリノキは大きくなりますので
庭木としては使いづらいですが
街路樹としては良く見かける樹木です。

これからソメイヨシノやハナミズキをはじめ
いろいろな街路樹が目を楽しませてくれます。

暖かい日は散歩しながら街路樹に
目をむけてみてくださいな。
投稿者:ser
こんばんは。 アナログ・ヒゲおやじ・佐藤 です。

先日、世田谷支部大会を勝ち抜いた三栄造園ボウリング部(仮称?)は
東京商工会議所会頭杯を賭けた本大会に出場してまいりました。



DSC06303


開会式には若手の藤田選手(右側)が
チームを代表して参加。
お隣は世田谷大会第2位のチームの方です
DSC06315

最終3ゲーム目の成績です。
最初からこのペースなら…

優勝を目指しましたが
残念ながら結果は18位に終わりました。
DSC06317

表彰式には、協賛各社のたくさんの賞品が…
我がチームにとっては羨望の品々!

商工会議所・専務理事様のご挨拶。
DSC06318
ご来賓
ボウリング場協会会長様
DSC06319
プロボウラー
並木恵美子様
DSC06320
乾杯のご発声は
モスバーガーの会長様


東京商工会議所の大会ともなりますと文化放送さんや千疋屋さん伊藤園さんetc
有名どころの協賛をいただいていて実に盛況でした。


DSC06321

優勝の賞品は良かったなぁ とかいいつつ
1年間それぞれの仕事に励み 
次回は絶対優勝しようと誓う3人でした。


来週からはいつもの仕事のブログに戻ります。 多分…
投稿者:ser
   こんばんは。アナログ・ヒゲおやじ・佐藤 です。

      先日強風の春一番が吹き、本日もまたまた強い南風!
      春二番(とは言わないですね)。
      気温も急上昇で暑いくらいですね。


DSC06274


 ルームの建物に強い日差しが
 降り注いでいます。
DSC06275


セダムの新芽も突然伸び始めました。
DSC06276

強い日差しに誘われてか
鉢植えのチューリップも芽を
グイグイと伸ばしてきました。
DSC06278


どこの梅の花も
今が満開状態です。
DSC06280

驚きですが、強い日差しに煽られてか

ミモザが咲いているお庭を発見!

ミモザ…初夏に花を付ける木ですよ
ちょっと気が早すぎませんか?


冬から春に向けて段々と暖かくなることを
三寒四温 といいますよね。
三日寒い日が続くと、四日ほど暖かい日が来て
段々と暖かくなることをさしますが、
先週末から今週は三寒一暑(サンカンイッショ)
といったところでしょうか

  ※ ヒゲ造語ですので、辞書を引かないように


同じような(?)熟語に 七転び八起き というのがありますが
七回しか転んでいないのに どうやって8回起きるのでしょうね?

私も叫びたい  Why japanese people ?


投稿者:ser
≪前のページへ || 1 | 2 | 3 | ... | 12 | 13 | 14 || 次のページへ≫

« トップページに戻る

ブログカレンダー
<   2017-05   >
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   


店舗
SETAGAYA EXTERIOR ROOM /</div
世田谷エクステリアルーム
 〒156-0044
 東京都世田谷区赤堤
 1-10-12
 TEL:03-3327-1192
 FAX:03-3327-1191
 定休日:水曜日
 (年末年始 お盆 GW)
 営業時間:
 10:00〜18:00

本社:
三栄造園株式会社
 〒156-0043
 東京都世田谷区松原
 1-2-9
 TEL:03-3327-2811
 FAX:03-3327-1034

【サービスエリア】
世田谷区・杉並区・中野区・渋谷区・目黒区・狛江市



QR_Code
 ホームページQRコード



 




ClipboardImage
スフィーダ世田谷60mm