このページのトップへ

世田谷・目黒・杉並のエクステリア・ガーデン工事は世田谷エクステリアルームにお任せ下さい。

ホーム » スタッフブログ » 営業佐藤です
タグリスト
商品店長藤倉です営業佐藤です店長代理長友です設計遠藤です施工事例設計奥間です設計藤倉です設計上林です植物設計小林です
過去のブログを見る
≪前のページへ || 1 | 2 | 3 | ... | 15 | 16 | 17 || 次のページへ≫
こんばんは。アナログ・ヒゲおやじ・佐藤 です。

先週は社の50周年記念事業として研修旅行に行っていましたので
ブログはお休みをしていました。
島根・鳥取・岡山と中国地方へ行ってきました。
足立美術館の日本庭園と日本三大庭園のひとつ岡山後楽園の回遊式日本庭園が
大きな見所でした。

岡山に大学時代の友人がいるので、後楽園には何度か行ったことがありましたが
足立美術館は初めてでしたので大変楽しみでした。
その期待を裏切らない素晴らしさに圧倒されました。

個人邸では、あのような大規模な造園は作れませんが、細かいディティールにも
こだわりと素晴らしいバランスがあり、参考になる部分が多かったです。



image1
茶庭の蹲
image2-1
延べ段




DSC_1413
池と州浜
DSC_1418
赤松とモミジの苔庭
(幹の倒し方が絶妙)



DSC_1412
あまりに有名な部分もご紹介しましょう。

右奥の滝はこの庭の借景のために造られた人工の滝です。
それだけでもスケールが違うのですが、
庭としては景石の配置と刈り込みと高低差のバランスが
素晴らしいと感じました。


せっかくなので、後楽園からも1枚。
回遊式の庭園で長い曲水が有名ですので
私が個人的に好きな場所をご紹介します。
DSC_1550


今回は、まだ余韻の残る名園の一部をご紹介しました。
あくまで私の個人的な印象に残った部分、
好きなところ、ですので造園家の方の見解とは
合わないかも知れませんが、悪しからず。

次回は個人のお庭をご紹介する予定です。
投稿者:ser
こんばんは。アナログ・ヒゲおやじ・佐藤 です。
GWも終わり、今日からまた平常業務になりました。
連休中は特に旅行に行ったわけでもなく、
GW恒例の自宅のデッキの再塗装をしたりして忙しく過ぎていきました。

今回はデッキの小さな工夫をご紹介しましょう。



IMG_8134

このようなお庭を造らせていただいた
渋谷区の I 様邸です。
(次回に全体をご紹介します)

デッキ部分に工夫を少々しました。
DSC01432

一つ目は、デッキ下へ小動物(猫等)が
入り込めないように柵を設置しました。

デッキのオプションとして各メーカーとも
防護柵は用意されていますが、
I 様のデッキは低く設定されているために
メッシュフェンスを切って使用しました。
DSC01434

デッキ下には、防草シートを敷き
白砕石を撒いてあります。

デッキを高めにしてデッキ下を収納として
使用するケースもよくあります。
その場合は土間コンクリートを打設することもあります。
DSC01443

二つめは簡易の靴収納部です。
室内床から縁台部を出して
デッキとの間に1段の段差があるので
そこを靴やサンダルの収納部としました。
DSC01444

通常はこの様に幕板で塞がれてしまう部分です。
幕板を付けないことと、デッキ部を奥まで作ることで収納スペースを確保しました。


    ちょっとした工夫で使いやすく出来るのも、デッキの良いところ。
    今回は、デッキの広い部分を1段低く設定してお庭を広く見せています。
    お庭の全体像は次回にご紹介いたします。


投稿者:ser
こんばんは。アナログ・ヒゲおやじ・佐藤 です。
今日で4月も終わりですが、今年の4月は記録的な暖かさで
いやもう暑い毎日 の状態でしたね。

花の季節も10日から2週間も早く過ぎている様で
庭木の生育も異様に早いじょうたいです。
そんななかで、世田谷のN様邸も例年より1か月早い剪定をいたしました。




DSC01408
施工前
DSC01413
伸びきっていたモッコウバラと
3月の雪で枯れてしまった
テイカカズラを剪定しました。
DSC01448
施工後


スッキリとさせて
通路側にも垂れない様にしました。
DSC01409
施工前
DSC01410
施工前

DSC01446
施工後

入り口のオリーブや
シルバープリペットも剪定をして
形をととのえました。

サクランボは実が付いているので
今回はそのままです。
DSC01411
施工前
DSC01450
施工後
裏のサクラも剪定をして隣地に出ていた枝を
剪定しました。そして消毒をしました。
DSC01447


アプローチ廻りもすっきりと
お手入れをさせていただきました。

緑の多いアプローチですが
N様 これからも末永く
お付き合いいただけます様お願いいたします。
投稿者:ser
こんばんは。アナログ・ヒゲおやじ・佐藤 です。
毎日 暑すぎますね! 春なのに既にクーラー全開の暑がりオヤジです。



DSC_0481

いつも行く花市場では、モッコウバラが
こちらも全開です。(満開でしょ!)
DSC_0478

こんな可愛いツルバラも出回っています。
その名も「夢乙女」
こんなに可愛いのだから、
おじさん浮気しちゃおうかな?

いえいえバラには棘があるのですよね…


…てなバカなことを言っていないで、今週の話題に入りましょうか?

開港して3年と半年が過ぎました(1年に1度この話題です)、
昨年の今頃の私のブログを見てください。(2017.05.01)
世田谷のN様邸の外構と植栽の成熟過程です。

今年はどうなっているのか…



DSC_0511

見てください!このオリーブの成長ぶり!!
壁窓から飛びだしたアベリアホープレイズ
立派なものです。
DSC_0507

ツル植物もフェンスを覆いつくし
表側に大きくハミ出しています。

完全に緑の壁を成しています。
DSC_0510

植えた当時は成長を心配していた
レモンの木も盛大に育ちました。

フェンス代わりの枕木と麻ロープも
見えなくなってきました。
DSC_0512

今年は、GW前に全体のお手入れを
させていただく予定です。

次回は手を入れて落ち着いた港を
ご案内しましょう。

N様 宜しくお願いいたします。
投稿者:ser
こんばんは。アナログ・ヒゲおやじ・佐藤 です。

春は街中が明るくていいですね(^^♪
今年の春は異様に暖かいので、すでに八重桜も終わりになりましたが
ハナミズキがきれいに咲いています。



DSC01163
今回は現場近くの綺麗な公園を紹介。

本当に小さな公園なのですが
シバザクラが咲き誇っています。









20坪くらいの遊具などない公園ですが
園路以外は花壇になっていて
今は一面ピンクにみえます。








DSC01164
DSC01165

花壇には赤いチューリップが咲いていて
アクセントがきいていますね。

芽が出ていない花壇は
これから何かが出てくる?
または新たに季節の花を植えるのかも
しれません。


     今年は、4月になって庭のリフォーム工事が多いです。
     これも暖かい気象のおかげでしょうか?
     現場作業に忙しい職方さんも、近くにこの様な公園があると
     休憩時間に気が休まりますね。




DSC01180

いつも行く花市場では、ネメシア品種が
多く出回っていました。

ご家庭の花壇・プランターに可愛いですよ。
投稿者:ser
     こんばんは。アナログ・ヒゲおやじ・佐藤 です。
         相変わらず暖かい(暑い)日がつづきますねぇ。
            街中では、もうツツジが咲き始めました!!



DSC01235


             今日が入学式・始業式だった学校も多かった様です。
         新入生とツツジ…う〜ん違うな 似合うのはサクラですよね。
      先週のブログで『もうフジが咲いたりして…』なんて言ってたら
    ちゃっかり咲いてる家がありました。(写真は撮りそこなったのですが)
  


DSC01237
  

  駐車場の植栽溝ですが
  タマリュウを植えたりすることが
  多いのですが、
  常時車の下になってたり
  水はけが悪かったりすると枯れてしまって
  そのままになってしまっていませんか?
20180409190832122_0001



樹脂舗装材で植栽溝を埋めることにします。
 

今回はヤブ原の「彩アストン」を使用します。
 小砂利の色は15色あります。
 透水性に優れ剥離にも強い材料です。
DSC01203



まずは枯れたタマリュウや詰まったゴミ等を
取り除きます
DSC01204

 植栽溝に砕石を充填し転圧します。
 その後モルタルを敷いて
 溝の深さが10mmになる様にします。
DSC01232

 バケツに小砂利と樹脂液と硬化剤を入れて
 均一になる様に混ぜます。
DSC01231


植栽溝の周囲の土間を養生して
(樹脂が付くと汚れて黒くなります)
10mm厚に塗ります。
DSC01230

24時間乾燥させます。

その間に雨等の水に濡らさないことが
大切です。
水に濡れると樹脂が白濁したり
砂利が剥離することがあります。
DSC01280


小砂利のラインができました。
駐車場のアクセントになり
メンテナンスも楽になります。

ぜひ、お試しください。
投稿者:ser
こんばんは。 アナログ・ヒゲおやじ・佐藤 です。

晴天が続き(この時期としては記録だそうです)街中では
たくさんの樹木が一斉に花を付けました。
3月半ばに咲く花から5月半ばに咲く花が混在しているような状態です。

ミツマタ・カンヒザクラ・モクレン・ミモザ・ソメイヨシノ・コデマリ・レンギョウ・
アセビ・ハナミズキ・ジューンベリー・ドウダンツツジ・ツツジ・サツキ 等々

もしかしたら フジも咲いてしまうかも…

彩り豊かで嬉しいですが…これも異常気象ですよね…

今回は初夏のような陽気の本日の街中スナップです。



DSC01188
シダレザクラ
DSC01186
ドウダンツツジ



ジューンベリー
ジューンベリー
アメリカハナミズキ
アメリカハナミズキ



DSC01190
チューリップとホワイトデージーの花壇
DSC01187
ポピー
DSC01178

花市場に並んでいるイングリッシュラヴェンダーの青が
とても涼しくみえるのは 私だけではないはずです。

季節はまだ春、 
寒の戻りがあってもおかしくない季節なのです。
でも、今日も半袖で出歩いたりしていませんか…

暖かさに浮かれていてよいものでしょうか?
自然は大きな 『しっぺ返し』 を用意しているのでは…
投稿者:ser
こんばんは。 アナログ・ヒゲおやじ・佐藤 です。
先週の突然の大雪のあと暖かい日が続き、一気にソメイヨシノが満開になりました。
今がお花見には絶好の期間ですね。
昨日はポカポカの日曜日となって、砧公園の周辺は駐車場渋滞で大変でした。



キッチンハーブ寄せ植え
春になると街中の花壇も花で彩られるので
「ガーデニングをしてみようかな」
…と思われる皆様も多いかとおもいます。

「でも手入れを考えると庭でやるのは…」
そういう方も多いかと思いますので
手始めにハーブのプランターガーデニングなぞいかがでしょうか?


       ハーブは丈夫で虫が付きにくく育て易いものが多いうえに、
       花だけでなく葉が可愛いものも多いのです。
       しかもハーブティーや料理に使えるわけですから
       手軽に始められて観賞に実用に最高ですよ。




DSC00976
DSC00973
DSC00974

        ローズマリー・タイム・オレガノ等は寒さに強く多湿を嫌います。
        レモングラス・バジルは寒さに弱く湿気を好みます。
        レモンバーム・ミント類は寒さに強く多湿にも耐えます。

      このようなハーブの性質を理解できれば育て易いですよね。       
       




DSC00978
DSC00975

    ワイルドストベリー・ジャーマンカモマイル・レモンバーム・等は
    ハーブティー用として日当たりの良いダイニングテーブル上にいかがでしょうか?
     


DSC00977



ミント類は地下茎で増えるので他のハーブを
駆逐してしまうことが多いので
別の鉢に植えると良いでしょう。




  ホームセンターでも
  多種のハーブ苗が
  売られています。
DSC00979


今年こそは…
とキッチンガーデンを
始めてみませんか?
投稿者:ser
こんばんは。 アナログ・ヒゲおやじ・佐藤 です。
暖かい日が続き、一昨日には東京で早くもソメイヨシノの開花宣言が出されましたね。
今週は雨が続き気温が下がる様なので、お花見は週末から来週が良いのでしょう。



DSC00938


祖師谷公園近くの仙川の桜並木

蕾が大きく膨らんでいます。


私のブログは植木の話が多いのですが、今回は小さな植木の話です。



2011中華松樹盆栽協會 五葉松 嚴茂林 金

小さな植木 といえば盆栽ですね。

盆栽のイメージはこんなでしょうか?
「え〜、爺臭〜い」 なんて言わないで。
DSC00985

近頃はホームセンターの園芸売り場に
このような「ミニ盆栽」なるものが販売されています。

HEALING PLANTS というようなフレーズで
癒しの盆栽としての商品です。

種類も多く、手の掛からないものが多いです。


   盆栽の王道は、五葉松や黒松などの「松伯盆栽」ですが、ちょっと敷居が高いので
   「ミニ盆栽」では「葉物盆栽」「花物盆栽」「実物盆栽」が多い様です。



ミニ盆栽モミジ

「葉物盆栽」

花のつかない、ケヤキやモミジやエノキ等を使った盆栽で
秋には紅葉し、四季を感じられる盆栽です。

落ち着いた風情からは、
侘び寂び が感じられます。
ミニ盆栽サクラ


  「花物盆栽」

  サクラをはじめとする花の咲く盆栽。
  フジやサザンカなどもあり
  ゴージャスで華やかな感じです。
ミニ盆栽ヤブコウジ


「実物盆栽」

実がなる盆栽で赤い実がなるものが主流です。
ヤブコウジ、ナンテン、ヒメリンゴなどがあり
花、実、食用と三度楽しめる可能性もあります。
DSC00980

多種の「ミニ盆栽」があります。

ご家庭の窓際に、玄関先にいかがですか?
陽を当てることと、水やりをするだけで
癒しの植木を育てられますよ。
投稿者:ser
こんばんは。アナログ・ヒゲおやじ・佐藤 です。
先週は、雨の多い1週間で現場の予定は大狂い!
年度末の忙しくなる矢先に大変な週になってしまいました。

その余波が残る今週ですが、今週の天気予報は晴れベースで
気温が高い日が続く様です。
現場には良い天候なのですが、花粉症の私には…

さて日ごろ植木の話の多い私ですが、
今回は鉢植えの観葉植物のお話。




グニー1



玄関脇にスペースの多い昨今の建築では
この場所に鉢植えを置きたくなりますよね。

鉢植えの植物は多くありますが
環境的に乾燥し易い、日光が当たらない、
風通しが悪い寒暖の差が激しいetc 
厳しい条件の場でもあります。
DSC00888

乾燥に強く、耐寒性の強い植物の一つが
ユーカリです。南半球ですが、日本と同じ温帯に位置する
オーストラリアの木。コアラが食べる木としても有名。

ユーカリにも各種ありますが、銀葉が美しい種がグニーです。
2グニー

若い葉は丸い形をしていて縁が赤味が掛かっていますが、大きくなると若干細長くなります。
葉はミント系の微香がします。

アロマオイルが採れるユーカリ属ですが
グニーからはあまり採れません。

過湿に弱めなユーカリ属にあってグニーは
耐湿性もあります。
本来乾燥に耐える植物なので
日本の玄関先にはその意味で向いているといえます。
グニー3

日当たりが良いと成長も早いので適宜に剪定をして樹形を調整してください。
病害虫にも強い樹木なので育て易いといえます。

庭に地植えにすれば大きくなりますので
シンボルツリーとして使うこともできますよ。

どうぞご参考に
投稿者:ser
こんばんは。アナログ・ヒゲおやじ・佐藤 です。
昨日は5月を思わせる暖かさでした。
しかし、今週の後半は「寒の戻り」があるようです。
体調を崩さぬように、ご注意ください。

さて今回は 
これで完璧、コンクリート一発洗い出し仕上げ 完全手順公開 です。





DSC00747

まずは、土間の下準備。
砕石を敷き転圧をします。
DSC00748

ワイヤーメッシュを敷き込みます。
忘れてはいけないのは、
メッシュを砕石から浮かせること!

スペーサーブロック(サイコロ)を置いて
確実にメッシュが土間の中央に
配置される様にします。
DSC_0387

コンクリートを打設します。

今回は洗い出し仕上げのため
白砕石を多く調合した生コンを注文しています。
DSC_0388

均一に均します。
DSC_0397

建築基礎の際に面ゴテを当てて
面取りを施します。
DSC_0392

コンクリート打設完了。

ここまでは普通の土間と同じです。
DSC_0394

洗い出し仕上げのミソ、
硬化遅延剤と噴霧器です。
DSC00754

噴霧器を使って硬化遅延剤を
均一に噴霧します。
DSC00755

遅延剤が乾燥しない様に
カバーをします。

     翌日まで寝かします。  ZZZ…

   すると硬化遅延剤を散布した表面は、まだ固まっていないので



DSC00758
表面を水で洗い流します。
均一に表面のセメントを取るために
ブラシを使用します。
DSC00762

洗った部分と洗っていない部分の違いが
判るかと思います。


              完全に洗い流すと


DSC00756


       洗い出し仕上げの完成です。 あとは完全に硬化するのを待ちます。
       型枠をバラせば完成です。

       
投稿者:ser
こんばんは。アナログ・ヒゲおやじ・佐藤 です。
興奮と感動をたくさんの人々に残して2週間に及ぶ4年に一度の冬の祭典
冬季オリンピックも昨日閉幕しました。



無題
我らが坂爪選手も最後の種目の
ショートトラックリレーまで頑張りましたが
惜しくもメダルには手が届きませんでした。
しかし、エクステリア業界の多くの人々に
夢と感動を伝えられたと思います。
タカショーの坂爪選手お疲れ様でした。

DSC00319
今回は、出入り口に庇を取り付けます。

出入口に庇があると雨・雪が吹き込まず
出入りの際に内部まで濡れなくて
良いですよね。
20180227063519671_0001

簡単に後付け出来て強度もしっかりとした
アルミ製の庇が便利です。

今回使用したのは
ダイケン製のRSバイザーです。

シャープなデザインで出幅1000mmまでは
ステーが無くても強度が十分です。
DSC00628


初めにボルトの位置出しをします。
建築の構造体によって
スクリューボルトまたはアンカーボルトを
使い分けます。

今回は木造躯体なのでスクリューボルトを
使用しています。
DSC00632


頑丈なアルミのステーを取り付けます。
上下で庇の材料を挟む形になります。
DSC00635

アルミの庇本体を差し込み組付けていきます。

庇の内部空間にはスチロール材が挟まれていて
静音性が高められています。
DSC00637


庇を組み込んだら先端と両端にキャップを付け
ビス止めします。
DSC00640


最後にステー部分にカバーを付けて完成です。
DSC00319
施工前
DSC00638
施工後



熟練した職人の施工で半日ほどで完成します。
建築躯体の構造や外壁の仕上げ状況によっては
施工ができない場合もありますので、事前に
現地を見させていただいてからのお見積もりになります。

勝手口にも最適です。
ステーを付けて電動自転車の屋根にすることも可能です。
ぜひ、ご一考ください。
投稿者:ser
こんばんは。アナログ・ヒゲおやじ・佐藤 です。
先週はちょっと暖かい日もありましたが、今週明日からはまた寒い日が続く様です。
インフルエンザも落ち着いてきた様ですが、まだまだご用心ください。

私のブログについて 「冬季オリンピックのネタではないのか?」 とか
「平昌五輪ネタはいつやるのか?今でしょ!?」 とか
多数の批判のお声を頂戴いたしましたので、遅ればせながら今週は、そのネタで…
 ※ ↑一部事実と異なる点がございますことをご容赦ください。


無題
各種目の選手の活躍により、冬季オリンピック最高の数の
メダルが獲得できそうな平昌冬季五輪ですが、
我が業界にも日本代表選手がいるのです。
4年前のブログでも紹介させていただきましたが、
タカショーの坂爪亮介選手です。

1000m順位決定戦坂爪選手

坂爪選手は、ショートトラックの選手で
1000m、500m、5000mリレーに参戦しています。

←海南市のタカショー本社での壮行会
1000m順位決定戦坂爪選手

惜しくも準決勝戦で敗れ決勝戦には進めませんでしたが、17日に行われた1000mの順位決定戦では5位になり、日本のショートトラックの選手として12年ぶりの入賞を果たしました。

すごいぞ 坂爪選手!

明日20日は500mに出場します。
頑張れ! SAKAZUME

今大会は、メダルを期待されている競技・選手も多く毎日TVから目が離せませんね。
羽生選手の五輪二連覇、小平選手の五輪新の金メダルetc 
感動しました。
まだまだこれからメダルの獲れる競技が続きます。

カーリング
人気急上昇のカーリングもその一つですね。
予選リーグを突破して決勝トーナメントに進んでもらいたいですね。

ボウリングで世界を目指しているヒゲおやじは
この競技、非常に親近感があるのです。
(ビッグマウスは放っておいてください)

若いし、可愛いし  (そっちかよ!)
北海道弁もイイネ (そだねー)

もちろん実力もありますし強豪も倒してきています。
ぜひメダルを獲ってもらいたいものです。


…というわけで今回のラストの画像は…

DSC_0381


ベタなオチですみません


がんばれNIPPON
投稿者:ser
こんばんは。アナログ・ヒゲおやじ・佐藤 です。
一昨日は暖かい1日で、3月上旬の気温で、風も無く春が近いかな と思わせる一日でした。
…と同時に何か鼻がムズムズと…  ヒゲおやじにとって春は憂鬱な季節でもあるのです。

そんな日に朝早くから3階の屋上デッキ工事に立ち会いました。
今回は中野区のS様邸屋上デッキ工事の報告です。





DSC09980
DSC09981

S様の屋上は10m2強の広さがあります。
床面は建築工事にてタイル状(300角)の組み立て式フロアで施工されています。
フロアをめくると床の防水材が見えます。
排水口(右写真)に向けて勾配が取ってありますので、フロア全体が片傾斜になっています。

この上にデッキ材を設置して傾斜も無くして使いやすい水平な床にします。

今回使用したデッキ材はこれ!  ↓    (右をクリックすると拡大されます。)


彩木カタログ01
彩木カタログ01
彩木カタログ02
彩木カタログ03
彩木カタログ04
彩木カタログ05
DSC00412

全体の床面の傾斜を測定し
床下のアルミ根太の位置を決めます。
 (左側に傾斜しているのが見て取れます)
DSC00417

アルミ根太の下にアルミ材やゴム材で
パッキンを入れて
根太を水平に調整していきます。
DSC00422

根太を水平に設置できたら床板を張ります。
その際に板同士の隙間を等間隔にするために
アルミのアングル材を冶具に使用しています。

床材は肌触りがとても良いのですが
その分柔らかいのでビスを締め付ける際は
細心の注意が必要です。
DSC00425

どんどん張り進めていきます。

左上の角は排水口の部分なので
取り外して点検できる様にします。
DSC00473
完成です。 木目の美しいデッキが出来上がりました。
カタログにもある通り MINOの彩木デッキは
肌ざわりが良く、熱を持つことが無く、柔らかいので
小さなお子様が遊ぶには最高です。

一般的な樹脂デッキ材料より若干割高ですが、
費用対効果は満足して頂けるものと思います。

重量も軽いので、屋上にも最適です。
ぜひご検討ください。


DSC00412

ビフォー
DSC00472

アフター
投稿者:ser
こんばんは。アナログ・ヒゲおやじ・佐藤 です。
昨日は立春でしたが、日本列島にはこの冬二度目の大寒波が襲ってきています。 
今年の冬は寒いですね。インフルエンザも非常に流行しています。
皆様、手洗い・うがい等十分に予防を心がけましょう。




DSC_0380
東京で雪が昼まで降り続いた金曜日に
LIXILの表彰式に今年も呼ばれ行ってきました。
昨年度も施工コンテストに於いてリフォーム部門で入賞、
販売コンテストでシルバー賞を受賞しました。
これらは、エンドユーザー様皆様のおかげであり
代理店様のご協力、現場職方の努力の賜物と
感謝いたしております。ありがとうございました。

DSC00408

記録的な厳冬の影響で
街中にはまだ雪が残っていますが
ロウバイ

庭では、ロウバイが咲き誇っています。


世田谷梅まつり


小田急線梅ヶ丘駅から徒歩3分の
羽根木公園では今年も10日から
『世田谷梅まつり』が開催されます。
(詳しくは「羽根木公園梅まつり」で検索を)

公園内には約700本の梅が植えられています。
種類も60種以上と多彩で見ごたえがあります。
晴れた風の弱い日のお昼前後にお越しいただくと
素晴らしい梅が観られます。
DSC00406
DSC00407

2/5の状況です。
開花直前の大きな蕾の紅梅や、すでに満開の白梅があり
園内は一部準備中ですが、梅まつり開催前から
楽しむことができます。
10日の初日、11・12の連休には出店もでて賑わいます。
暖かい服装で春の兆しを楽しみにいらしてください。
投稿者:ser
≪前のページへ || 1 | 2 | 3 | ... | 15 | 16 | 17 || 次のページへ≫

« トップページに戻る

ブログカレンダー
<   2018-05   >
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
会社について
ショップのご案内
スタッフ紹介
ニュース
施工事例
図面ギャラリー
SERセレクション
植物のこと
スタッフブログ
お客様アンケート
工事の流れ
保証体制
リフォームローン
助成金
Q&A
リンク集
アクセス
お問い合わせフォーム 03-3327-1192 営業時間10:00〜18:00 定休日:水曜日

店舗
SETAGAYA EXTERIOR ROOM /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div
世田谷エクステリアルーム
〒156-0044
東京都世田谷区赤堤
1-10-12

営業時間:10:00〜18:00

定休日:水曜日
(年末年始 お盆 GW)

【サービスエリア】
世田谷区・杉並区・中野区・渋谷区・目黒区・狛江市
 

本社
 
三栄造園株式会社 SINCE1968 / / / / / / / / / / / / / /
〒156-0043
東京都世田谷区松原
1-2-9
TEL:03-3327-2811
FAX:03-3327-1034