このページのトップへ
ホーム » スタッフブログ » 植木のお手入れは、1年のうち「何時に」「何回」やればいいの? その壱180831Sa

植木のお手入れは、1年のうち「何時に」「何回」やればいいの? その壱180831Sa

この記事についているタグ:営業佐藤です
こんばんは。アナログ・ヒゲおやじ佐藤 です。
今日で8月も終わりですね。子供たちの長くて短い夏休みも終了。
暦の上では秋ですが、 今日の暑さは何なのでしょう。
さらに、9月まで厳しい残暑がつづくという気象庁の発表 うんざりですね。

街中の街路樹も元気の無い姿をみかけます。

弊社もたくさんのお客様から「植木のお手入れ」をご依頼いただいております。
現地に下見に伺うと必ず聞かれることは
「剪定する季節はいつがいいですか?」と「どれくらいの頻度で手をいれるのがいですか」
という質問です。

※ お手入れ というのは枝を切るだけではなく、除草や薬剤散布、施肥も含めています。




DSC07832
そもそも、なぜお手入れが必要なのでしょう。

理由はいくつかあります。
1.伸び放題では、見た目が悪い。
2.お隣や道路に枝・葉が出ていて迷惑。
3.大きくなりすぎて倒れたら怖い。
4.庭に陽が入らなくなって、ほかの植木が育たない
5.毛虫や蚊が多く発生した。
6.花や実が付かなくなった。
  等々でご連絡を頂くことが多いです。


近年、新築工事では緑化が義務付けられている地域が多くなりました。
正直なところ、樹木にとって良い環境ではないところにも
植えなくてはならなくなってしまうことも多々あります。

『自然と共存する、快適な住環境を構築する』が目的の新築時の緑化ですが
放任をしておいたら住環境が悪くなってしまうことも…
樹木のためにも、私たちのためにもお手入れは必要です。

「いつやればいいの?」  「年に何回やればいいの?」は、
一概には答えられない
難しい質問なのです。

樹木の種類によって剪定に適した時期が異なるからです。
花を観賞したい樹木なら、花芽が付く時期が大切ですし
実を収穫したい樹木なら、花が咲く時期と結実する時期が大切です。
剪定(枝を切って形を整える)だけではありません。
夏の雑草の処理もありますし、虫害の防止も必要です。
肥料を必要とする果樹もあります。

「え〜、そんな年中 植木屋さんを入れられませ〜ン」
という声が多数聞こえてまいります。
そうですよね。 わかります。 
ある程度妥協して最大公約数的な考え方が良いでしょう。

そのあたりを次回にお答えしたいと思います。



この記事についているタグ:営業佐藤です

コメント

コメントを書き込む












« トップページに戻る

ブログカレンダー
<   2018-08   >
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
会社について
ショップのご案内
スタッフ紹介
ニュース
施工事例
図面ギャラリー
SERセレクション
植物のこと
スタッフブログ
お客様アンケート
工事の流れ
保証体制
リフォームローン
助成金
Q&A
リンク集
アクセス
求人情報
お問い合わせフォーム 03-3327-1192 営業時間10:00〜18:00 定休日:水曜日

店舗
SETAGAYA EXTERIOR ROOM /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div
世田谷エクステリアルーム
〒156-0044
東京都世田谷区赤堤
1-10-12

営業時間:10:00〜18:00

定休日:水曜日
(年末年始 お盆 GW)

【サービスエリア】
世田谷区・杉並区・中野区・渋谷区・目黒区・狛江市
 

本社
 
三栄造園株式会社 SINCE1968 / / / / / / / / / / / / / /
〒156-0043
東京都世田谷区松原
1-2-9
TEL:03-3327-2811
FAX:03-3327-1034