このページのトップへ
ホーム » スタッフブログ » 杉板型枠による木目のコンクリート塀の作業手順、世田谷のS様邸 第1回 190701Sa

杉板型枠による木目のコンクリート塀の作業手順、世田谷のS様邸 第1回 190701Sa

この記事についているタグ:営業佐藤です
こんばんは。 アナログ・ヒゲおやじ・佐藤です。
早いもので、2019年も半分が過ぎてしまいました。
…1年が早く感じるのは年老いた証拠…だと娘に言われました…
まだまだ、若い気でいたのですが…本人がそう思っているだけの様で

どうもジメジメと続く梅雨空のせいか、湿っぽい気持ちになってしまいました。
気を取り直して、雲の向こうの青空を見上げて行きますよ!
(気持ちの転換の早い、ヒゲおやじ です)

今回と次回は弊社の得意工事のひとつであります、
「木目調仕上げRC塀」をご紹介いたします。



            まずは完成の全体像をご覧ください


杉板型枠によるRC塀 世田谷区




杉板型枠のRC塀表面
木目仕上げRC塀の表面は、
木肌の模様(木目)がコンクリートで
表現されています。

木目模様により無機質なコンクリートの壁が
柔らかい印象になると共に
高さによる圧迫感も緩和されます。

    施工手順をご紹介いたしましょう。


IMG_2012


施工前の状態です。
道路は若干奥の方へ傾斜しています。
P9070001

まずは底版を作るため掘削をします。
RC造の壁は、
組積造(ブロック造)の壁と違って
控え壁を設置しなくても良いのですが
転倒を防ぐため一定のベース幅と
根入れの深さは必要です。
P9070007

砕石(石を砕いたもの)を入れ
ランマー(転圧機械)で叩いて
充分に締固めます。
厚みは10cmあります。

この作業はとても重要で
しっかりと行うことが大切です。
P9070021

砕石の上にコンクリートを打ち
平らに均します。
これを「捨てコンクリート」といいます。

捨てコンクリートに寸法線を描いて
枠の位置や鉄筋の位置を決めます。
これを「墨出し」といいます。
生コン納品書2

次に底版のコンクリートを打設します。
コンクリートはJIS(日本工業規格)の
認定プラント(工場)から取れれば
安心です。

コンクリートの配合は、
設計時に指定されていますので
その通りにプラントに指定します。


      さて今回はベース(底版)まで作りました。
      基礎がしっかりしていることは、建築でも外構でも大切です。
      (もちろん、私の得意なボウリングでも同じです)
      
      次回はいよいよ木目を出すための型枠を作ります。
      乞うご期待。


この記事についているタグ:営業佐藤です

コメント

コメントを書き込む












« トップページに戻る

ブログカレンダー
<   2019-07   >
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
会社について
ショップのご案内
スタッフ紹介
ニュース
施工事例
図面ギャラリー
SERセレクション
植物のこと
スタッフブログ
お客様アンケート
工事の流れ
保証体制
リフォームローン
助成金
Q&A
リンク集
アクセス
求人情報
お問い合わせフォーム 03-3327-1192 営業時間10:00〜18:00 定休日:水曜日

店舗
SETAGAYA EXTERIOR ROOM /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div
世田谷エクステリアルーム
〒156-0044
東京都世田谷区赤堤
1-10-12

営業時間:10:00〜18:00

定休日:水曜日
(年末年始 お盆 GW)

【サービスエリア】
世田谷区・杉並区・中野区・渋谷区・目黒区・狛江市
 

本社
 
三栄造園株式会社 SINCE1968 / / / / / / / / / / / / / /
〒156-0043
東京都世田谷区松原
1-2-9
TEL:03-3327-2811
FAX:03-3327-1034