このページのトップへ
ホーム » スタッフブログ » 植木のお手入れは、1年のうち 「何時に」 「何回」 やればいいの?その弐180910Sa

植木のお手入れは、1年のうち 「何時に」 「何回」 やればいいの?その弐180910Sa

この記事についているタグ:営業佐藤です
こんばんは。アナログ・ヒゲおやじ佐藤 です。
9月になって関西には台風が来て風水害を残し、北海道では大きな地震がありました。
被災されました皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

関東は被害を免れてはいますが、再度防災への意識を高めることが必要です。
いつかは必ず来る災害に備えましょう。


さて 「植木の手入れをいつやるか」 という難しいテーマの弐回目です。
樹種による剪定の時期の違いを考えてみましょう。
あくまでも 一般的に と考えておいてください。




ClipboardImage
針葉樹の場合
マツ、マキ、コニファー類です。

新芽が出る前の3月〜4月がお勧めです。
寒さに強いので冬でも剪定可能です。

ClipboardImage
常緑広葉樹の場合
ソヨゴ、常緑ヤマボウシ、ツバキ等

5月下旬〜6月頃の新葉が落ち着いたころが
ベストです。
寒さに弱い樹木が多いので1月〜2月は
避けたほうが無難です。
ClipboardImage
落葉広葉樹の場合
モミジ、アオハダ、ハナミズキ等

落葉した後の冬の休眠期
12月〜2月がベストです。


「えっ これって同じ時季がないじゃない!」
「常緑樹と落葉樹をバランスよく植えてもらったのに、どうするの?」
「さらに、花の時期も考えたら、春夏秋冬、年に4回も植木屋さんをいれるの?」
…と皆様からの不満の声が聞こえてきそうです。

大きなお屋敷やお寺さんは、このように年に4回のお手入れが普通だと思います。
それが樹木のためですし、ご訪問される方へのひとつの「おもてなし」だからでしょう。

それと一般住宅は違いますので、違った視点から考えなくてはならないと思います。
都会の多くの住宅の植栽はいくつかのパターンがあるのです。

そこからお手入れの時期を次回は考えてみます。



この記事についているタグ:営業佐藤です

コメント

コメントを書き込む












« トップページに戻る

ブログカレンダー
<   2018-09   >
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
会社について
ショップのご案内
スタッフ紹介
ニュース
施工事例
図面ギャラリー
SERセレクション
植物のこと
スタッフブログ
お客様アンケート
工事の流れ
保証体制
リフォームローン
助成金
Q&A
リンク集
アクセス
求人情報
お問い合わせフォーム 03-3327-1192 営業時間10:00〜18:00 定休日:水曜日

店舗
SETAGAYA EXTERIOR ROOM /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div
世田谷エクステリアルーム
〒156-0044
東京都世田谷区赤堤
1-10-12

営業時間:10:00〜18:00

定休日:水曜日
(年末年始 お盆 GW)

【サービスエリア】
世田谷区・杉並区・中野区・渋谷区・目黒区・狛江市
 

本社
 
三栄造園株式会社 SINCE1968 / / / / / / / / / / / / / /
〒156-0043
東京都世田谷区松原
1-2-9
TEL:03-3327-2811
FAX:03-3327-1034