このページのトップへ
ホーム » スタッフブログ » 塗装の汚れた塀に化粧ボードを貼って、明るく洋風にリニューアルします。前編 220523Sa

塗装の汚れた塀に化粧ボードを貼って、明るく洋風にリニューアルします。前編 220523Sa

この記事についているタグ:営業佐藤です
こんばんは。アナログ・ヒゲおやじ・佐藤です。
アジサイの蕾が大きくなってきて、いよいよ梅雨も近づいてきましたね。

新型コロナの話題も、一時より薄くなってきて安心感も出てきたようですが
都内では新規感染者が2000人以上、全国でも1万8000人以上が確認されていて
安心できるレベルではないと思うのですが、いかがなものでしょうか?
慣れてしまうことが心配でならないのは、私だけでしょうか?

さて今回は、塗装の汚れてしまった塀をリニューアルして、明るい洋風のイメージにします。



DSC_3538

現状はこの様な状態です。
塗装したブロック塀が汚れて
アプローチも暗くくすんでしまっています。
DSC_3547

アプローチの奥には
和風の坪庭もあるのですが
竹垣も朽ちていますので撤去して
リニューアルします。





今回は既存のブロック塀に
タカショーのエバーアートボードを貼ります。

ボードの柄は、和風の土壁・竹垣から
石張り・木目・アート柄等
80種以上あります。
20220524094854074_0001
20220520_095940

まずは水平・垂直の基準となる墨出しをします。

ボードの割付の基本となる部分で
ここで、既存塀の天端の修復もします。
20220521_093922 (1) / /

墨出ししたラインに合わせて
ボードの取付アルミ枠をビス留めします。

この作業で水平・垂直を正確に留めないと
ボードがうまく納まらなくなり
修正が困難いなりますので慎重に

←  天端の枠付け
20220521_092838 (1) / /


同様に端部の垂直の枠を付けます。
直角が大切なので
既存塀の塗りで垂直の出ていない部分は
モルタル等で補正します。
20220521_092434 (1) / /

端からボードを貼って行きます。
ボードは、既存の塀に
仮止めの両面テープと固定用の接着剤で
しっかりと固定していきます。


今回は、ここまでご紹介いたしました。
この現場では、二段の横張りなので上段を900×600の定尺物で貼り
下段で傾斜等を加工していきます。

ボードの柄によっては、縦張りにすることもできます。
次回はボード張りの後半と坪庭奥の柱を建てたボード貼りをご紹介します。

塗装の汚れた塀に化粧ボードを貼って、明るく洋風にリニューアルします。後編 220606Saはこちらから〜


この記事についているタグ:営業佐藤です

コメント

コメントを書き込む












« トップページに戻る

ブログカレンダー
<   2022-05   >
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
ホーム
会社について
ショップのご案内
スタッフ紹介
ニュース
施工事例
図面ギャラリー
SERセレクション
植物のこと
スタッフブログ
お客様アンケート
工事の流れ
保証体制
リフォームローン
助成金
Q&A
リンク集
アクセス
求人情報
お問い合わせフォーム 03-3327-1192 営業時間10:00~18:00 定休日:水曜日

店舗
SETAGAYA EXTERIOR ROOM /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div /</div
世田谷エクステリアルーム
〒156-0044
東京都世田谷区赤堤
1-10-12

営業時間:10:00〜17:00

定休日:水曜日・第3日曜日
(年末年始 お盆 GW)

【サービスエリア】
世田谷区・杉並区・中野区・渋谷区・目黒区・狛江市・調布市・三鷹市
 

本社
 
三栄造園株式会社 SINCE1968 / / / / / / / / / / / / / / / / /
〒168-0073
東京都杉並区下高井戸
1-37-12
TEL:03-3327-2811
FAX:03-3327-1034